五十肩の患者様

昭島市 60代 男性
  

[五十肩の症状・病歴]

半年前から両方の肩に痛みがでてきた。
痛みが出始めたころは、動かした時に少し痛みがでる程度だった。

3ヶ月前から急に肩の痛みが強くなだした。
寝返りでも痛みで目が覚めるようになってしまった。

手を上にあげることが全くできなくなり、病院へ。
いわゆる五十肩ですと診断された。

注射や電気をあてる治療で少し上げられるようにはなった。
朝起きた時は固まっていて痛みが強い。
 

[五十肩に対してのカイロ・整体の治療方法・経過]

今回の患者様は、スポーツタイプのバイクを購入してから少しずつ痛みがでてきたようです。
スポーツタイプのバイクは、前傾姿勢でいるので、腕や肩に負担がかかります。

負担がかかった筋肉の疲労が回復される前に、またバイクに乗ると疲労が蓄積されてしまいます。
それを繰り返した為に、筋肉が硬く緊張してしまい、痛みがでてしまったと思われます。

また、硬くなった筋肉は、一定方向に関節を歪めてしまいます。
その状態が継続すると、歪みも固定し、治りが悪くなってしまいます。

カイロプラクティックでは、固定した関節をリセットし、硬くなった筋肉を緩和させていきます。
関節と筋肉の両方にアプローチして、早期改善を目指します。

まず、肩を上にあげていただく。
両肩とも真横に90度くらいまではあげられる。
それ以上あげようとすると痛みがでる。

左肩は、鎖骨が後上方と外側に変位している。
腕の骨である上腕骨は、内旋と後方に変位していました。

右肩は、鎖骨が後方と外側に変位。
上腕骨は後方に変位していました。

それらを中心に全身を調整。

5回目の来院。
手を、真横より上にあげられるようになってきた。
左肩の鎖骨は、上方変位が改善されてきている。
右肩の鎖骨は、後方変位が改善していきている。

8回目の来院。
手を上げたり、回したりする動作が楽にできるようになってきている。
両肩とも上腕骨の変位の改善がみられる。

12回目の来院。
手は、真上まではあがらないが、だいぶあがるようになってきた。
鎖骨の歪みも改善されて、筋肉の硬さも改善されてきている。

16回目の来院。
痛みはあるが、腕が耳につきそうなくらいまで、あがるようになった。
患者様も日常生活では、不便がなくなってきている。

今回の施術後は、少し間隔をあけて、メンテナンスを兼ねて来院されることをおススメした。
 

[コメント]

四十肩や五十肩は、筋肉や関節を調整することで、改善されていきます。
カイロプラクティックは、神経系の働きを高め、筋肉や関節のバランスを整えていきます。

なかなか良くならない四十肩や五十肩などの肩の痛みでお困りならご相談ください。
 

肩の痛みでお悩みの方