椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の患者様

町田市 40代 男性
 

[椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の症状・病歴]

5日前に軽い腰痛を感じていた。
その翌日の朝、起きた時から腰痛が強くなっていて、夕方には痛みで動くことができなくなってしまった。
起きている時は、腰痛があり、動くととても痛みが強い。

特に右足に体重をかけると腰痛がひどくなり、右のお尻のあたりも痛む。
じっとしていれば、腰痛や臀部の痛みはそれほどつらくない。
寝ているのが一番楽だが、仰向けや右を下にして寝ると痛みがでてくる。

1週間くらい安静にしていたが、痛みが良くならないので、病院へ。
レントゲンやCT、MRIなどいろいろな検査をしたが異常なし。
たぶん、腰の椎間板ヘルニアと坐骨神経痛かなと言われた。

コルセットをつくり、湿布と痛み止めを処方されたが、あまり効果なし。
どうにかしてくて来院した。
 

[椎間板ヘルニアと坐骨神経痛に対する整体・カイロの治療方法・経過]

右足に体重がかけられないので、松葉づえをついて、足を引きずるようにして歩いて来られた。
痛みが強いので、うつ伏せになるのも大変な様子。
腰と右臀部の筋肉が硬く緊張してしまっている。

硬く緊張している筋肉を少し圧迫するだけで、とても痛みがでる。
腰椎と骨盤のバランスが特に悪くなっている。
うつ伏せの状態でしか治療ができないところだけ調整し、横向きで寝ていただく。

左を下にして寝ると痛みはそれほどでないので、その状態で、右の骨盤や筋肉を調整。
1回目のカイロ治療は終了。
痛みが強いので、翌日も来てもらうことにした。

2回目の来院。
昨日よりは痛みが軽減され、杖がなくても少し歩行ができるようになった。
動くのも昨日よりは楽になっている。

一日空けての来院。
腰を伸ばして歩くと痛みが強いが、曲げた状態なら杖なしでも歩けるようになった。
寝返りや立ったり座ったりの動作もゆっくりやれば、なんとか動ける。

5回目の来院。
「調子はいかがですか?」
「夜は、痛みですぐ起きてしまっていましたが、4~5時間は寝れるようになりました。」

10回目の来院。
「腰痛や坐骨神経痛はどうですか?」
「車の乗り降りやちょっとした動作で痛むことはありますが、強い痛みではなくなりました。」

腰も伸ばした状態で、歩けるようになってきた。
腰と骨盤のバランスも以前よりは良くなっている。
硬く緊張してしまっていた筋肉も、硬さがとれてきている。

15回のカイロ治療で、痛みで目が覚めることなく眠れるようのなり、腰痛や坐骨神経痛もなくなってきたので、少し間隔を空けながら、様子をみていただくことにした。
 

[コメント]

激しい腰痛や坐骨神経痛があっても、レントゲンやMRIなどでは原因がわからない場合もあります。
逆に、MRIなどで、明らかに椎間板ヘルニアがあっても腰痛も何もない方もいらっしゃいます。
今回の患者様もとても強い痛みがあり、いろいろな検査をされたようですが、特になにも悪いところはみつからなかったそうです。

レントゲンやMRIでは、何もなかったのですが、症状から椎間板ヘルニアと坐骨神経痛だろうということでした。
椎間板ヘルニアがあってもなくても、ヘルニアが痛みやしびれの原因ではないこともあります。
痛みやしびれの原因には、筋肉や骨格が関わっているがあります。

カイロプラクティックでは、筋肉や骨格のバランスを調整し、自然治癒力を高めることによって、早期改善を目指す治療方法です。
病院の治療方法以外にも、沢山の治療方法があります。
病院では、原因がわからなくても、他の療法では、原因がみつかるかもしれません。

ご自分の身体に合いそうな療法をみつけて、治療を受けてはいかがでしょうか?
よろしければご相談下さい。

椎間板ヘルニアでお悩みの方