質問

右足にしびれるような感じがあり、整形外科を受診したところ椎間板ヘルニアと診断されました。
今はそこで治療を受けていますが、あまり改善されません。
カイロプラクティックで治りますか?

回答

椎間板ヘルニアと診断されても、その状態(下記参照)は様々ですが、整形外科で保存療法(手術ではなく、薬や温熱療法、牽引などを行うこと)を受けているようなので、ヘルニアも軽度のものと思われます。

軽度のものであれば、カイロプラクティックの治療で効果が望めると思います。
一度お近くのカイロプラクティック治療院で診てもらうと良いと思います。
治療の目安として、5~10回位必要です。
そこで何らかの変化を感じることが出来ると思います。
根本的な治療には少し時間がかかるかもしれませんが、根気よく続けて少しでも日常生活が快適に過ごせたらと思います。

「椎間板ヘルニアの状態」
椎間板とは、背骨の間にあるクッションみたいなものでそのつくりは、お饅頭みたいなものと想像してください。

椎間板ヘルニアとはそのお饅頭の中のあんこが

(1)外に飛び出す前にちょっと膨らんでいる状態
(2)そのあんこが外に飛び出た状態
(3)あんこが外に出てポロッとこぼれてしまった状態

などのことを言います。

これが神経を刺激して腰痛などを起こすといわれています。
椎間板ヘルニアと診断されて、とりあえず通院しながら日常生活を過ごしているほとんどの人は、(1)のちょっとふくらんでいる状態の人が多いようです。

ヘルニアの大きさと痛みの強さは比例しておらず、その症状もさまざまで、腰痛だけの人、腰痛とももの後ろがしびれるような感じの人、ももの後ろやふくらはぎまでしびれるような感じの人、なかには痛みがない人もいます。
この他にも様々な症状を持っている方がいらっしゃるようです。
椎間板ヘルニアと診断されても、本当にヘルニアが原因であるかどうかは疑問が残る所もあります。それはMRIなどで、はっきりしたヘルニア状態であったとしても痛みがない人もいるし、ヘルニアがまったく見られない人でも足にしびれや痛みを伴う人がいるからです。

椎間板ヘルニアと言われて即手術と考えるよりも代替療法などを試してからでも遅くはないと思います。
激痛でこの痛みから逃れたいと思う気持ちもあると思いますが、いろいろな選択ができるということも考慮していただけたらと思います。