頸椎脊柱管狭窄症の患者様

40代 男性 立川市
 

[頸椎脊柱管狭窄症の症状・病歴]

10年位前から首の付け根のあたりの痛みと、首の付け根から背骨にそって背中あたりまでしびれを感じるようになった。

この症状は、常に感じていて、首を動かすと痛みが増す。

脳神経外科や整形外科を何件か回って、頸椎の脊柱管狭窄症や頸椎の変形が原因と診断を受けたが、症状は一向に変化がない。

接骨院でも治療を受けたがあまり変わらないので、カイロを試してみようと思い来院した。
 

[頸椎脊柱管狭窄症に対する整体・カイロの治療方法・経過]

首を動かしていただいて、しびれや痛みが変化するかチェックさせていただく。

しびれは変化なし。

首を後ろに反らしたときに首の付け根あたりの痛みが増す。

反らした時に痛みが強くなるので、骨と骨の間の関節(椎間関節)や筋肉の問題が疑われた。

椎間関節に刺激を加えるようなテストをすると痛みででるので、主な原因は、関節の問題が大きいと思われる。

身体全体のバランスを整え、首と背中あたりの関節を細かくチェック。

頸椎7番と胸椎1番のバランスが特に悪いので、これを重点的に治療。

治療した後、首を反らしてもらうと痛みが軽減。

おそらく見立てはあっていたようなので、それらを説明させていただいた。

その後、下部頸椎と上部胸椎を中心に全体的なバランスを整える治療を5回させていただくと、日常生活ではそれほど痛みを感じなくなったがしびれが少しのこっている。

10回の施術でしびれもとれたので、様子をみていただくことにした。
 

[コメント]

関節の問題は良くみられる原因の一つです。

関節の痛みは、関節の機能障害によって起こります。

関節の働きが悪くなっているので、その関節に対するマニピュレーションはとても効果的です。

なかなか改善しない、首の痛みやしびれでお困りなら、ご相談下さい。