脊柱管狭窄症の患者様

国立市 50代 男性
 

[脊柱管狭窄症の症状・病歴]

4ヶ月前、ゴルフの練習をした後から急に腰痛と左足の痛みを感じるようになった。
翌日は、少しでも動くと痛かったので病院へ。
検査の結果、脊柱管狭窄症と診断された。

ブロック注射2回と痛み止めで、何とか動けるようになったが、間欠性跛行が残ってしまった。
整体に行って、少し良くなったが、痛みはある。
今は、300m位歩くと痛みが強くなる。

他の病院では、腰椎4番の分離すべり症もあると言われた。
 

[脊柱管狭窄症に対する整体・カイロの治療方法・経過]

痛みがあるために真っすぐに立っていられない様子。
座っていても真っすぐに座れないので、傾いてしまっている。
少しでも左側に体重をかけていただくと痛みが強くなる。

うつ伏せになっていただく。
腰の筋肉がすごく硬く緊張している。
まったく柔軟性がない。

左ので殿筋群もとても硬く緊張してしまっている。
身体のバランスは、骨盤と股関節、腰椎4番5番が悪い。
腰椎は、特に悪さが目立つ。

これらを調整。
関連する筋肉も調整。
状態は、すごく悪いので、改善までには時間がかかることをお伝えする。

2回目の来院。
身体は逃避姿勢のままで、まだ真っすぐ立てていない。
「施術の後で、何か変わったことはありましたか?」

「なんとなく痛みが減ったような気がします。」
身体は、腰椎を中心にまだバランスが悪い。
筋肉の緊張もまだ強く残っている。

3回目の来院。
前回よりも傾きは少なくなっている感じだが、まだ真っすぐになっていない。
歩ける距離は少し長くなっている。

5回目の来院。
逃避姿勢はまだ残っている。
歪みは少し改善されてきている。

6~9回の間は、少し良くなるが無理をするとまた痛みが強くなるということを繰り返す。
10回目の来院。
逃避姿勢がなくなってきている。

少し傾いているが、真っすぐに近づいている。
身体のバランスも良くなってきていて、骨盤の歪みは少なくなっている。
腰椎はまだ不安定で、バランスが悪い。

歩ける距離は少しずつ増えている。
13回目の来院時には、ほぼ真っすぐに立てるようになってきた。
腰椎も少し安定してきた。

15回の施術が終わると、普通に歩けるようになり、痛みもなくなってきた。
18回目の来院時には、ほぼ痛みはなくなり、通常と変わりなく生活できるようになった。
身体のバランスも安定してきて、腰椎に少し歪みが残る程度になっている。

その後は、時々メンテナンスをするようにおススメして終了した。

[コメント]

脊柱管の狭窄と痛みやしびれとの間には、確実な因果関係は認められていないのが現状です。
レントゲンやMRIなどで、明らかな狭窄があっても症状がない方も沢山いらっしゃいます。
確実な因果関係があれば、手術をすれば必ず良くなりますが、手術をしても改善されない方もいます。

今回の患者様も狭窄が直接的な原因ではなく、筋肉や骨格の問題が痛みにつながっていました。
痛み止めやブロック注射などでは改善されない、でも手術はあまりしたくないとお困りならご相談ください。
 

脊柱管狭窄症でお悩みの方