脊柱管狭窄症 | 八王子整体トレーフルカイロプラクティック

ホーム|HOME初めての方へ|beginner適応症状|disease料金|price施術の流れ|flowアクセス・当院の紹介|access
トレーフルでの施術方法 体験談 Q&A お問い合わせ・ご予約方法
Access 医院概要
Access医院概要 ご来院心よりお待ちしております。症状が改善されない等、お気軽にご相談ください。
予約制
■電話 042-645-8160
■営業時間
平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~17:00
月曜日定休

■ご来院地域例
東京都八王子市・多摩市・日野市・立川市・あきる野市・昭島市・町田市・国立市・国分寺市・府中市・調布市・三鷹市・武蔵野市・小金井市・福生市・小平市・稲城市・羽村市・青梅市・武蔵村山市・東大和市・瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村
神奈川県相模原市・城山町・藤野町・綾瀬市・座間市・横浜市・川崎市 埼玉県所沢市・入間市・狭山市・飯能市
山梨県上野原市・大月市・甲州市・山梨市
営業日

脊柱管狭窄症


はじめに

脊柱管とは、24個の背骨で作られた脊髄神経を保護している管のことです。
脊柱管狭窄症は、この脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまって、痛みやしびれなどがでてしまうといわれています。
一番特徴的な症状は、間欠性破行で、歩いているとだんだん痛みやしびれがましてくるというようなものです。

 

症状

腰部脊柱管狭窄症の主な症状は
 
• 足のしびれや痛みがある
• 間欠性破行(歩くと痛みやしびれが悪化ししばらく休むと良くなる)
• 身体を後ろにそらすと痛みが悪化し前かがみになると楽になることが多い
• 両方もしくは片側のお尻の痛み・しびれ
• 腰痛と共にお尻や足のほうへの痛みやしびれ
 
などがあります。

 

原因

腰部脊柱管狭窄症の主な原因は
 
• 変形性関節症など
• 脊柱管内部の靭帯の肥厚
• 脊椎分離症
 
などがあります

 

治療方法

トレーフルカイロプラクティックでは、施術によって狭窄自体を戻すことはできませんが、腰のバランスを整えることによって痛みを軽減させていきます。

脊椎管狭窄症の方は腰をそらせると痛みが悪化すると言う特徴があります。
それは、腰をそらせると脊柱管が狭くなるからだといわれていますが、そらすことによって腰の筋肉や関節にも負担がかかります。
脊柱管狭窄症を患っているほとんどの方の腰の筋肉は、とても硬くなっており腰をそらさなくても負担がかかっている状態になっています。
腰をそらせるということは、この状態を増強させることになりますので、それによって痛みを出している場合もあります。それを緩和させることも早期改善の重要なポイントとなります。

重度な場合を除いて、椎間板ヘルニア同様、脊柱管狭窄があるからといって必ず症状が出るわけではありません。
分離症やすべり症などで狭窄が見つかっても痛みがない人もいます。
何が痛みの原因になっているかを判断し、それに応じて治療計画を立てます。

整形外科でも重度でなければ保存療法などを行います。
それでなかなか良くならずに悩んでいる方は、ぜひご相談下さい。

 

トレーフルでの改善例

【患者様】
八王子市 40代 女性
 
【症状・病歴】
慢性的な腰痛はあって、時々腰が痛くなることはあった。
1ヶ月半位前から腰やおしり、足に痛みを感じるようになった。
それからだんだん悪化。

1ヶ月前からは、痛みがひどくなってきて、朝起きた時や歩くと痛みがでるようになってしまった。
朝の痛みは、起きてからしばらく続くが、しばらくするとだんだんやわらいでくる。
10~15分位歩いていると、痛みがでてきて、足がつったような感じにもなる。

歩いていて、痛みがでたらしばらく休むとまた歩けるが、10~15分位歩いているとまた痛みがでる。
痛みが強くなってきたころに整形外科を受診。
レントゲンを撮って、腰椎の4番にすべりがあることが分かり、それによって脊柱管が狭窄していると言われた。

診断は腰部脊柱管狭窄症で、痛み止めを処方された。
痛み止めが効いている時は痛みが和らいでいるが、きれてくるとまた痛くなる。
主にお尻の周りは、朝痛みが強く、足がつったような痛みは歩くとでてくる

朝は、椅子に座ったり、トイレに座ったりすると左右の坐骨付近の痛みもでる。
 
【整体・カイロの治療方法・経過】
痛みのある場所を確認させていただく。
左右のお尻のあたりと太ももの後ろからふくらはぎにかけてに出る様子。
腰の周辺には、それほど強い痛みを感じてはいない。

腰と殿部を触診させていただく。
特に左殿部の筋肉の張りが極端に強い。
左の腰方形筋と腸腰筋が硬く緊張してしまっている。

腰よりも骨盤と左股関節の悪さが目立つ。
身体の全体のバランスを調整し、特に問題があった骨盤と股関節を入念に施術。
おそらく痛みは腰からではなく殿部が原因であると思われる。

それらのことを説明させていただき、初回は終了。
2回目の来院。
「施術を受けた後、身体がだるくなったりするようなことはありましたか?」

「特にそういう感じはありませんでした。翌日は、朝起きた時の痛みが少し楽でしたが、だんだん戻ってしまいました。」
早速、身体の状態を確認させていただく。
まだ、身体のバランスは安定していないので、前回とほぼ同じところに問題がある。

再度、調整させていただく。
その後、3回の施術で、歩いた時に出ていた足のだるさやつるような感じはなくなった。
6回目の来院。

再度、身体の状態を確認させていただく。
ハリのあった腰方形筋と腸腰筋のハリは改善されてきている。
骨盤と股関節は以前よりは良いがまだバランスが悪い。

10回の施術を終えた頃から仕事に行く時以外は痛み止めを飲まなくても過ごせるようになってきた。
15回のカイロ治療で、仕事に行く時も痛み止めを飲まなくても大丈夫になった。
日常生活でもお尻の周辺のハリが少しある程度になってきたので、間隔をあけながら様子を見ていただくことにした。

【コメント】
脊柱管狭窄症と診断された症例ですが、痛みの原因は狭窄部分ではなく、骨盤や殿筋群などの問題によるものでした。
腰痛や足の痛みがあるので、レントゲンを撮ったらたまたま狭窄が見つかったケースは沢山あるようです。
狭窄の程度にもよると思いますが、脊柱管狭窄症があるからと言って、それが直接痛みの原因ではないこともあります。

脊柱管狭窄症と診断されて、なかなか改善されない痛みでお悩みならご相談ください。

トレーフルでのその他の症例

 
 
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ
TOP