患者様

府中市 20代 女性
  

[症状・病歴]

生理が始まった頃から痛み(生理痛)があり、それがだんだんひどくなっている感じ。

生理前に特にイライラすることが多く、過食になる。

甘いものは生理前でなくとも食べ過ぎてしまう傾向にあるが、生理前は特に沢山食べてしまう。

生理前後には、にきびもでてくることが多い。

生理1週間くらい前から生理が始まるまでは疲労感が強く、すぐ疲れる感じがして、眠い。
 

[治療方法・経過]

PMSの症状は、隠れアレルギーの方に多くみられるので、何が原因になっているかをチェック。

アレルギー除去セラピーの基本項目に多数のアレルギー反応が見られた。

女性の場合は、生理の周期があり、ホルモンの分泌の増減に伴って、月経前症候群のような周期性をもったアレルギー反応が出やすいことを説明し、アレルギー除去セラピーを開始。

身体のバランスに関係する神経系のバランスも悪かった為、カイロプラクティック治療も併用して行う。

反応のあった基本項目を終える頃(20回の治療)には、イライラ・過食・にきび・疲労感・生理痛などの症状は改善された。

[コメント]

この患者様は、生理時のイライラが特にひどく、生理前後は友人から「もしかして生理中」とわかるほどだということでした。

アレルギー除去がすすんでいくうちに、イライラがあまり出てこなく、友人に今日生理なのというと、

「えっ!うそ!前と全然違うね」

と言われるようになった、ということでした。

ご自分でも痛みや過食も改善されてきたので、とても喜ばれていました。

男性は、男性ホルモンが充分に分泌を始める年齢になると、アレルギーが起こりにくくなりますが、女性はエストロゲンとプロゲステロンと言うホルモンがあり、その分泌に周期性があるので、月経前症候群のような症状が誘発されやすくなります。

生理近くになり、エストロゲンとプロゲステロンの両方が減るとアレルギーが誘発されやすくなり、月経前症候群が現れます。

全ての女性に月経前症候群が起こらないのは、その体質に原因が隠されていることが多く、アレルギー体質の人は月経前症候群になる確率が高くなります。

アレルギー除去セラピーでアレルギー反応が見られる方のほとんどは、治療をすると症状が改善されていきます。

月経前症候群でお悩みの方はぜひ試してみてください。

きっと良い結果が得られると思います。

お気軽にご相談下さい。