患者様

多摩市 30代 女性 
  

[症状・病歴]

生理が始まった頃から痛み(生理痛)はあった。

生理の1週間位前になると必ず痛みと身体のダルさがでてくるので、そろそろ生理が始まるとわかる。

6年くらい前に婦人科検診を受けて6.5cmの子宮筋腫があることがわかり、その関係で生理痛があるのではと言われた。

筋腫が見つかってから毎年検診には行っているが、大きくはなっていないので手術はせず様子を見ている状態。

卵にアレルギーがあることは自覚しているので、卵自体は食べないようにしている。
 

[治療方法・経過]

卵にアレルギーがあるということなので、アレルギー除去セラピーの基本項目を検査してみると多数のアレルギー反応が見られる。

ひとつひとつ丁寧に除去していく。

セラピーを始めて、10回目で生理痛をほとんど感じなくなってきた。

15回目のセラピーを終えると身体のダルさもほとんど感じなくなった。
 

[コメント]

13回目のセラピー終了後、ちょうど婦人科検診の時期であったため、筋腫を確認してもらうと4cmになっていたということ。

お医者さんに「毎年変化がなかったのになぜ小さくなったのですかね。」とたずねると「更年期に入ってくると小さくなることはあるけど・・・???」ということでした。

「痛みもなくなったのできっとアレルギー除去セラピーが効いたのですね。」と喜んでおられました。

個人個人の顔が違うように、体質もその人によって全然違いますので、セラピーの回数は前後しますが、月経前症候群でお悩みのほとんどの方が完治またはそれに近い状態になっていきます。

月経前症候群などは不妊などにもつながりやすいので、お悩みの方はぜひ試してみてください。

きっと良い結果が得られると思います。