お尻から太ももにかけての痛みとしびれの患者様

青梅市 30代 女性
 

[お尻から太ももにかけての痛みとしびれの症状・病歴]

2ヶ月半くらい前から急に、右のお尻から太ももの裏あたりに痛みがでてきた。
痛みがでてからしばらくして、しびれも感じるようになった。

痛み始めた頃は、動くと痛みがでた。
痛みやしびれがでてからは、だんだん悪くなっている。
最近は、一日中冷える感じの痛みとしびれがある。

無理な体勢をしている時や動きすぎた後は、痛みが強くなる。
最近になって、腰痛もでてきている。
 

[お尻の痛みとしびれ太ももの痛みとしびれに対する整体・カイロの治療方法・経過]

お尻の痛みを感じている場所を確認させていただく。
お尻の下の方で、太ももとの境目くらいに痛みを感じている。

その辺りは、坐骨と言われる骨盤の一部がある。
坐骨付近を触診させていただく。

筋肉の緊張は、それほどなし。
坐骨から骨盤の上の方にある腸骨あたりを触診。

殿筋群がとても硬く緊張していた。
坐骨から太ももにかけての痛みは、殿筋群の関連痛ででていると思われる。

関連痛と言うのは、痛みの原因がある場所とは異なる部位に感じる痛みのことです。
簡単に言うと、脳の勘違いによって起こると言われています。

この患者様の、お尻の下から太ももにかけて痛みを感じていました。
でも、原因はお尻の上の方にありました。

殿筋は、骨盤や股関節のバランスの悪さで、緊張が継続してしまうことが多くみられます。
その骨盤や股関節のバランスをチェックさせていただく。

右の骨盤は後下方に、股関節は後上方と外側に変位がみられた。
これらのバランスを調整。
殿筋群の緩和操作も行う。

2回目の来院。
「痛みやしびれはいかがでしたか?」
「何となくですが、良くなった感じはあります。」

股関節や骨盤の状態はまだ悪い。
殿筋の緊張もまだある。
それらを調整。

6回目の来院。
「お尻や太ももの調子はどうですか?」
「最近は、痛みやしびれが半分くらいになった気がします。」

股関節は、上方変位がまだ残っている。
骨盤のバランスは、改善されてきている。
殿筋群の緊張も緩和されてきている。

今回の施術以降は、順調に改善され、10回目の来院時には、時々軽い痛みとしびれがでる程度までに改善。

少し間隔を空けながら、メンテナンスに移行されることをおススメして終了。
 

[コメント]

お尻や太ももに限らず、関連痛はどこの場所でも起こりやすい症状です。

関連痛は、筋肉の問題で起こりますが、筋肉の緊張を高めてしまう原因は、骨格にもあります。

それらを調整し、神経系の働きが改善されると、身体のバランスも改善され、痛みやしびれも軽減されていきます。

カイロプラクティックは、身体のバランスを整え、痛みやしびれを改善させるお手伝いができます。

お尻の痛みやしびれ、太ももの痛みやしびれでお困りならご相談ください。