[ぎっくり腰の患者様]

国分寺市 40代 男性
  

[ぎっくり腰の症状・病歴]

昨日、お昼頃から腰に違和感があった。
違和感だけで、痛みはなかったので、そのまま放置しておいた。

今日の朝、起きたら少し腰に痛みがあったが、仕事にでかけた。
仕事をしていたら、だんだん痛みが悪化。

少し動いただけで、強い痛みがでる。
座っているだけでも、痛みを感じるようになってしまった。

特に右の腰が痛く感じる。
痛みが強く、腰を伸ばして歩けない。
 

[ぎっくり腰に対する整体・カイロの治療方法・経過]

急性腰痛、いわゆるぎっくり腰は、腰の筋肉の過緊張で起こることが多い。
腰の筋肉が、急激に強く収縮した状態。

その筋肉を少しでも動かそうとすると、すごく痛い。
安静にしていれば、まだ我慢ができる。

今回の患者様は、腰を伸ばそうとすると痛みが強くなる。
なので、腰を伸ばすための筋肉が関係していそうである。

なんとかうつ伏せに寝ていいただき、触診。
右腰の下の方、ちょうど骨盤と腰の境目あたりがとても硬くなっている。

からだのバランスをチェック。
腰骨の5番と4番の上方、右後方、側方変位がある。
こらら中心に、関連する骨盤や股関節などを調整。

2回目の来院。
「施術後、調子はいかがでしたか?」
「だいぶ動けるようになりました。」

前回よりも姿勢は良くなり、腰も伸ばせて歩けている
再度、身体のバランスを診させていただく。
腰骨のバランスはまだ悪いが、前回より改善されている。

筋肉の緊張もだいぶ緩和されている。
腰骨とその周辺の筋肉を調整。

3回目の来院。
「腰痛はどうですか?」
「時々、痛みを感じますが、ほとんどなくなっています。」

腰骨のバランスは、だいぶ改善されてきている。
筋肉の緊張も改善されている。
全身の調整をさせていただき、様子をみていただくことにした。
 

[コメント]

慢性化した腰痛に比べると、ぎっくり腰のような急性腰痛は、早く改善されやすい傾向にあります。

早めに痛みから解放されたい方は、カイロプラクティックや整体などの代替療法をおススメします。

ぎっくり腰になりやすい方は、日頃の身体のメンテナスも大事です。

ぎっくり腰でお悩みの方、身体のメンテナンスをお望みの方、よろしければご相談ください。
 

ぎっくり腰でお悩みの方