お尻の痛みの患者様

相模原市 30代 女性
 

[お尻の痛みの症状・病歴]

現在妊娠6ヶ月。
3週間前からお尻の痛みを感じだした。
朝起きた時や動き始めに痛みを感じることが多い。

寝返りも痛いので、寝ていて目が覚めてしまうこともある。
日によって痛みが強い時と弱い時がある。
歩いているだけでも痛みを感じる時もあれば、全然平気な時もある。
 

[お尻の痛みに対する整体・カイロの治療方法・経過]

おしりの痛みの具体的な場所を教えていただく。
腰と骨盤のつなぎ目辺りから右のお尻の真ん中くらいまで全体的に痛みを感じている。
前屈や後屈では少し痛みがでる。

仰向けにになって、腰をひねる動作をしていただくと強い痛みを感じる。
うつ伏せになっていただき、触診させていただく。
筋肉は、殿筋と腰方形筋がとても硬く緊張している。

身体のバランスは、腰椎の4番と5番、右の骨盤と股関節が特に悪い。
全身の調整を行い、筋肉の緩和操作も行う。
再度、仰向けになっていただき、腰をひねる動作をしていただく。

先ほどより痛みは軽減されている。
施術後の注意事項をなどを説明させていただき、初回は終了。
2回目の来院。

「お尻の痛みはいかがでしたか?」
「それほど強い痛みはなく過ごせていました。」
前回、痛みがあった動作を確認するため仰向けに。

腰をひねる動作をしていただく。
「痛みますか?」
「ひねった最後のところで痛みがあります。」

今度はうつ伏せに寝ていただく。
筋肉の緊張は、前回よりは良くなっている。
歪みは、まだ腰と骨盤、股関節にある。

腰と骨盤、股関節を中心に調整。
筋肉も殿筋と腰方形筋を中心に調整。
「前回よりは改善していますが、まだバランスが悪いところがありますので、もう少し調整が必要です。」

3回目の来院。
「調子はどうでしたか?」
「また少し良くなった感じがします。」

この後、少しずつ改善していき、5回の施術でほとんど痛みを感じなくなった。
 

[コメント]

妊娠中は、ホルモンバランスや身体のバランスが変化していくために、いろいろなところに歪みがでやすい。

特に骨盤や腰には負担がかかりやすく、痛みがでやすい場所です。

その場所をうまく調整していけば、早く改善していきます。

アクティベーターカイロプラクティックは、身体を無理にねじったりすることがない施術方法です。

ですから、お腹の大きな妊婦さんにも無理なく受けていただける療法です。

お尻の痛みや腰の痛みでお悩みの妊婦さん、お困りならご相談ください。