腰痛と坐骨神経痛の患者様

相模原市 30代 女性(妊娠8カ月)
  

[腰痛と坐骨神経痛の症状・病歴]

現在妊娠8ケ月。
妊娠5ヶ月位になったころからお尻と太ももの裏に痛みがでてきた。

痛みが出始めた頃は、時々痛みを感じる程度だった。
2週間前から急に痛みが頻繁になり、痛みも強くなってきた。

朝起きた時や座った姿勢から立ち上がる時、必ずピキッとした感じの痛みがでる。

それがでると、10分くらいは、強い痛みが続いて歩けない。
痛みが治まっても弱い痛みが残り、歩くたびに痛みがでる。

寝ていたり座っていれば痛みはない。
痛みを感じるのは、腰とお尻のあたり、左の太ももの裏。
 

[腰痛と坐骨神経痛に対する整体・カイロの治療方法・経過]

坐骨神経痛のようなお尻や太ももの痛みは、妊婦さんには良くみられる症状です。

妊婦さんは、お腹が大きくなるにつれて、身体のバランスが変化します。

そのバランスの変化に対応できないと身体のどこかに負担がかかり、痛みがでてしまいます。

身体の体形の変化に対応できない人は、もともと歪みを持っていた可能性があります。

妊娠される前のもともとのバランスが悪くなければ、腰痛や坐骨神経痛などの症状はあまりでません。

もともと歪みをもっていると、体形の変化でより一層歪んでしまい、痛みがでやすくなります。

特に妊娠後期は、靭帯が緩みやすいので、歪みが増強されやすくなります。

今回の患者様も身体のバランスがとても悪くなっていたので、もともと歪みがあったと思われます。

特に悪かったのは、左右の骨盤と骨盤の真ん中にある仙骨、左の股関節です。

これらのバランスが良くなってくるとだんだん痛みも軽減されていきます。

早速、身体を調整させていただく。
調整後は、少し動きやすくなった。

2回目の来院。
「腰痛と坐骨神経痛はどんな感じですか?」
「当日は少し良かったですが、翌日には戻ってしまった感じです。」

骨盤と股関節のバランスはまだ悪い。
まだ、筋肉も硬く緊張している。
前回同様、筋肉と骨格の調整をさせていただく。

5回目の来院。
「最近の身体の調子はいかがですか?」
「坐骨神経痛の様な痛みはありますが、ひどくはなくなってきています。」

症状がある左の骨盤のバランスは、改善されてきているが、まだ悪い。
左の殿部の筋肉も改善がみられる。

8回目の来院。
「痛みはどうですか?」
「時々、少し痛みを感じますが、前ほど気にならなくなっています。」

身体のバランスもだいぶ改善されてきている。
日常生活にも支障がなくなっているので、今回の調整後、少し間隔を空けて様子をみていただくことにした。

[コメント]

妊婦さんは、短い間に身体のバランスが変化していきます。

歪みをもっていると、その変化に身体が対応できなくなり、痛みがでてきやすくなります。

身体のバランスを整えると、その変化に身体が順応できるようになり、痛みは軽減されていきます。

カイロプラクティックは、神経系の働きを改善させることによって、筋肉や骨格の調整を行います。

身体の負担にならない優しい施術ですので、妊婦さんでも安心して施術を受けられます。

腰痛や坐骨神経痛でお困りならご相談ください。