脊柱管狭窄症の患者様

立川市 60代 男性
 

[脊柱管狭窄症の症状・病歴]

2ヶ月位前に左膝の裏の内側に痛みを感じるようになった。

1ヶ月前には、腰痛がでてきた。

だんだん悪化してきて、今では歩くと腰痛が増してきて、少し休むと良くなってまた歩ける。

腰痛が悪化してきているので、整形外科を受診。

レントゲンを撮ってもらい、脊柱管狭窄症と診断される。

薬と湿布をもらい様子を見るように言われる。

薬や湿布では症状が改善されないと思い当院へ。
 

[脊柱管狭窄症に対する整体・カイロの治療方法・経過]

腰痛が感じられる場所を確認させていただくと、腰の付け根とお尻のあたりが特に気になるとのこと。

触診をさせていただくと、右のお尻のあたりがとても硬く緊張してしまっている。

身体の状態を診させていただく。

右の骨盤と股関節がとても悪くなっている。

身体全体を調整させていただいた後、骨盤と股関節、お尻の筋肉を調整。

脊柱管狭窄症は、全快するまでに時間がかかることが多いことなどを説明させていただき、1回目の整体は終了。

5回目の施術を終えたころから、少し長い距離をあるいても腰痛が悪化しなくなってきた。

10回の施術で、日常生活に支障がないまでに改善。

定期的なメンテナンスをおススメして終了。
  

[コメント]

脊柱管狭窄症でも、腰痛やしびれなどを感じないで、一生を終えることもあります。

腰痛があってレントゲンを撮ると、たまたま狭窄症が見つかることもあります。

脊柱管狭窄症は、結果であって、腰痛やしびれの原因でない場合もあります。

カイロプラクティックは、関節や筋肉のバランスを整えるにはとても良い施術です。

注射や薬で良くならない痛みやしびれでお困りなら、一度ご相談下さい。

脊柱管狭窄症でお悩みの方