脊柱管狭窄症の患者様

相模原市 70代 女性
 

[脊柱管狭窄症の症状・病歴]

3年前に右側のおしりのあたりに痛みを感じるようになった。

だんだん悪くなってしまい、歩けなくなるくらい悪化してしまった。

整形外科で診てもらうと腰椎4番の骨にすべり症があって、それが脊柱管狭窄症を起こしていると言われた。

手術をしないと治らないと言われたので、1年半位前にすべり症がある骨を金属で固定する手術を行った。

手術をしてからは、痛みはなくなり、歩けるようになった。

3週間くらい前からは、今度は左側のお尻のあたりに痛みを感じるようになってしまった。

だんだん痛みが増してきたので、また整形外科を受診。

今度は腰椎5番と仙骨の間が狭くなっているので、これが痛みの原因と言われた。

また痛みがひどくなるようだったら手術をした方が良いと言われた。

あまり手術をしたくないので、娘に相談したところ、調べてくれて来院した。

今回の痛みは、うずくような感じが常にあって、動くと痛みが増す。

日によって痛みの強さは違う。
 

[脊柱管狭窄症に対する整体・カイロの治療方法・経過]

レントゲンのコピーを見せていただく。

確かに腰椎5番と仙骨の間は狭くなっているが、この位の隙間で痛みがでているかは疑問。

カイロの検査方法を使って身体の状態を調べさせていただく。

下部腰椎と仙骨、左の骨盤と股関節にバランスの悪さが目立つ。

これらを中心に身体全体を調整。

左の腰方形筋という腰の筋肉も調整。

施術後、腰を動かせる範囲は広がった。

御本人は「何となく軽くなった感じ」。

2回目の来院。

「カイロをやった後はどうでした?」

「おしりのあたりに感じていた痛みは少し良くなった感じがしますが、腰の重い感じとしびれはあります。」

腰骨と腰の筋肉を中心に身体を調整。

4回の治療後から腰の重い感じがとれてきた。

6回の治療で、腰の重さはほとんど感じなくなってきた。

8回の治療後からしびれもなく、日常生活にも支障がなくなってきた。

間隔を開けながら、状態をチェック。

10回の施術でほぼ状態は安定。

メンテナンスをおススメして終了。
 

[コメント]

レントゲンでは、脊柱管狭窄症やすべり症の状態があっても痛みの原因ではないことがあります。

手術をしてもまた痛みが再発した患者様も沢山いらっしゃいます。

どうしても痛みが強いと手術を選択してしまいがちですが、いろいろな療法を試してみても良いと思います。

代替療法は、手術と違って、1回やったらすぐ終わりという事はないですが、根気よく続ければきっと痛みは改善されてくると思います。

カイロプラクティックは、自然治癒力を高めることによって、症状が改善される身体に優しい自然療法です。

改善には少々時間をいただくこともありますが、よろしければご相談下さい。

脊柱管狭窄症でお悩みの方