すべり症による脊柱管狭窄症の患者様

相模原市 70代 女性
 

[すべり症による脊柱管狭窄症の症状・病歴]

5ヶ月位前から腰痛、左のお尻と足全体の痛み、しびれを感じるようになった。

痛み始めの頃は、お尻のあたりに感じる程度だったが、だんだん悪化。

ひどい時は、寝ていても常に痛みがあった。

痛み止めの薬や点滴を打ってもらうことによって、その頃よりは良くなっている。

今は、足の重だるさとしびれが強くなっている。

特に立っていると強くしびれがでる。

歩くと左足が常に重い感じがある。

座っていたり、寝ていればそれほど強く感じない。

病院では、すべり症があって、脊柱管を狭窄していると言われた。

鍼や整体などを試すが、しびれと重だるさがなかなか取れないので、カイロプラクティックを試してみようと思い来院。
 

[すべり症による脊柱管狭窄症に対する整体・カイロの治療方法・経過]

触診させていただくと、腰にはそれほど筋肉のハリはないが、左のおしりの筋肉が硬く緊張してしまっている。

硬く緊張してしまっているおしりの筋肉を少し押圧すると、太もものあたりまで痛みを感じる。

左のスネもハリが強い。

痛みやしびれはおしりとスネの筋肉が関係してそうである。

身体のバランスをチェックさせていただく。

仙骨と左の骨盤、股関節の状態がとても悪い。

これらの筋肉と骨格を調整。

しびれは残るが、痛みは少し軽減された。

5ヵ月位悪い状態が続いているので、改善されるまで少し時間がかかることをご理解いただき、初回は終了。

2回目の来院。

「しびれや痛みはいかがでしたか?」

「しびれは足の裏と甲に残っていて、歩くと足は重怠さがあります。痛みもまだ残っています。」

仙骨の状態は良くなっているが、骨盤と股関節はまだバランスが悪い。

しびれが足に強くのこっているので、足首周辺の調整も行う。

3回目の来院。

しびれや痛みは少し軽減されているが、まだある。

足の重怠さも残っている。

5回のカイロ治療を終えたころから、しびれがだいぶ軽減されたきた。

10回のカイロ治療で、しびれと痛み、足の重怠さもなくなって、日常生活では支障がなくなった。
 

[コメント]

すべり症や狭窄症があっても、それが痛みやしびれの原因ではないことが多々あります。

痛みやしびれは、筋肉や関節の異常が原因になっておこることもあります。

カイロプラクティックは、筋肉や関節の調整を行うにはとても良い施術方法です。

今回のケースでもすべり症や狭窄が原因と言われていましたが、カイロ治療によって改善されました。

すべり症や狭窄症と診断され治療しているが、なかなか症状が改善されない場合は、針灸や整体、カイロプラクティックなど代替療法を試してみてはいかがですか。

すべり症や脊柱管狭窄症と診断され、腰痛やしびれなどにお困りの方、ぜひご相談下さい。

脊椎分離症・すべり症でお悩みの方