グロインペイン症候群の患者様

相模原市 10代 男性

[グロインペイン症候群の症状・病歴]

1ヶ月半くらい前から少しずつ股関節の痛みを感じるようになった。
最初は、サッカーの練習でボールを蹴る時に痛みを感じていた。

だんだん悪化してきて、ボールを蹴った時はもちろん、階段の昇り降りや股関節を深く曲げた時、走った後にも痛みがでるようになってしまった。

自転車で坂道を上る時にも痛みがでることがある。
股関節の痛みが悪化してきているので、病院で診察を受けた。

レントゲンでいる限り骨には異常がなし。
グロインペイン症候群と診断された。
リハビリを指導され、3週間位続けているがあまり変わりがないので来院した。
 

[グロインペイン症候群に対する整体・カイロの治療方法・経過]

痛みは、左の股関節と太ももの内側あたりに感じている。
左の内転筋の筋力を検査。
力がはいりずらく、痛みもでる。

股関節の痛みに関係する、腸腰筋はそれほど悪くなっていない。
身体のバランスをチェックする。
左の骨盤と股関節が悪い。

骨盤の中心にある仙骨も悪くなっている。
骨格と筋肉を調整する。
調整後は、少し軽くなった感じだが、痛みは残る。

2回目の来院。
「股関節の具合はいかがですか?」
「前回来た時より痛みは少ないが、痛む動作は同じです。」

再度検査をさせていただく。
まだ良い状態を継続できていないので、骨盤や股関節とその周辺の筋肉を再度調整。
特に内転筋を入念に調整。

3回目の来院。
「股関節の痛みに変化はありましたか?」
「階段の昇り降りや股関節を深く曲げる動作では痛みがなくなってきました。」

身体のバランスは少し良くなっているところもあるが、まだ安定していない。
再度身体を調整。
6回目の来院時には、軽く走れるようになった。

その後、10回目の来院時には、サッカーをしても痛みを感じなくなるまで改善。
日ごろのメンテナンスと時々身体のバランスを整えることをおススメして終了した。
 

[コメント]

グロインペイン症候群は、サッカーをやっている方に多くみられる症状です。
普段の生活では痛みを感じることは少なく、運動をすると股関節の痛みを感じることが多い。
主な原因としては、関節や筋肉の機能的な問題があげられます。

カイロプラクティックでは、神経系の働きを改善することによって、関節や筋肉の機能を高めていきます。
それによって、身体の安定性やバランスが良くなり症状改善につながります。
グロインペイン症候群は、無理をして運動を続けると慢性化しやすくなります。

慢性化すると改善にも時間がかかってしまいますので早めのケアをおススメします。
なかなか改善されない股関節の痛みでお困りならご相談ください。

グロインペイン症候群でお悩みの方