お尻の痛みとモモの裏の痛みの患者様

30代 男性 相模原市
  

[お尻の痛みとモモの裏の痛みの症状・病歴]

2~3ヶ月前から少しずつ左のお尻と太ももの裏に痛みや張りがでてきた。
症状が出てきたころは、時々痛みがでたり、張りがでたりする程度だった。
だんだん悪くなってきて、お尻の痛みは常に感じるようになった。

それに伴って、太ももの裏の張りも常に感じだした。
太ももの裏は、時々すごい痛みを感じるようになってしまった。
悪化してからは、仰向けや左を下にして眠れない。

最近では、左の背中から腰にかけてしびれるような感じもでている。
 

[お尻の痛みとモモの裏の痛みに対する整体・カイロの治療方法・経過]

おしりの筋肉と太ももの筋肉は、骨盤に影響を受けやすい。
骨盤のバランスが崩れくると、それを補うように筋肉が硬く緊張する。
筋肉が硬く緊張した状態が継続すると、それが基になり、痛みやしびれがでることがある。

今回の患者様も痛みが出ている左の骨盤のバランスがとても悪かった。
骨盤のバランスの悪さが影響して、股関節も悪くなっていた。
左の骨盤は、前側と外側に変位していた。

股関節は、前方と上方に変位があった。
このバランスの悪さが、お尻の筋肉や太ももの裏の筋肉の緊張を高めてしまったと思われる。
実際に触診すると、お尻や太もも裏の筋肉は硬くなってしまっている。

左の骨盤と股関節を中心に全身を調整。
殿筋(お尻の筋肉)やハムストリング筋(太もも裏の筋肉)なども調整。
カイロ治療後の注意事項などを説明させていただき、初回は終了。

2回目の来院。
「治療を受けた後、お尻や太もも裏の痛みはいかがでしたか?」
「太もも裏の強い痛みはでていませんが、まだ全体的な痛みはあります。」

左の骨盤と股関節の歪みはまだある。
筋肉の張りは、少し改善がみられる。
前回同様、骨盤と股関節、殿筋やハムストリングを中心に調整。

3回目の来院。
「調子はいかがでしたか?」
「痛みは弱くなっている感じがします。」

4回目、5回目は患者様の自覚ではあまり変化がなかった。
筋肉の緊張は少しずつは良くなっている。
歪みも少しずつではあるが改善されてきている。

6回目の来院。
「お尻と太もも裏の痛みはどうですか?」
「また、痛みが良くなってきた感じがあります。」

その後、少しずつ改善され、12回の施術で症状が気にならない程度になった。
それ以降は、メンテナンスを兼ねて来院することをおススメして終了。
 

[お尻の痛みともも裏の痛みの施術後のコメント]

おしりの部分にある殿筋は、坐骨神経の通り道になっています。
殿筋が硬く緊張することによって、坐骨神経を圧迫してしまうことがあります。
それによって、痛みやしびれがでることがあります。

また、殿筋は、それ自体が痛みをだすこともあります。
殿筋が硬く緊張したままになっていると痛みがなかなか軽減されません。
殿筋を緩めるためには、その負担を軽減させてあげる必要があります。

軽減させるためには、バランスを整えることが大切です。
骨盤や股関節のバランスが悪いと、殿筋はいつまでも硬くなったままになってしまいます。
カイロプラクティックでは、神経系の働きを改善させることによって、筋肉や骨格を調整していきます。

それによってバランスが改善され、硬くなった筋肉も緩んできます。
お尻の痛みや太ももの裏の痛みでお悩みならご相談ください。
  

坐骨神経痛でお悩みの方