お尻の痛みと太ももの痛みの患者様

昭島市 50代 女性
 

[お尻の痛みと太ももの痛みの症状・病歴]

最初は、2年位前に左のお尻の痛みを感じた。
その時に、病院でMRIを撮ったら、椎間板ヘルニアがあると言われた。

ビタミン剤を処方され、しばらく飲んでいたら痛みはなくなった。
それ以来、時々軽いお尻の痛みがでるようになってしまった。

今回もいつもの痛みだと思って放置していた。
昨日くらいからだんだん痛みが強くなり、すごく痛くなってしまった。

だんだん太ももの方にも痛みが広がってきている。
長く同じ姿勢をしていると痛みが強くなる。
動き始めも痛みが強い。

前かがみもすごく痛い。
歩いている時も弱い痛みがある。
 

[お尻の痛みと太ももの痛みに対する整体・カイロの治療方法・経過]

お尻の痛みは、骨盤と大腿骨(だいたいこつ)に付いている筋肉が関係していることが多い。
骨盤と大腿骨は、股関節でつながっている。

その股関節を動かすのが筋肉。
筋肉は、股関節のバランスが悪くなっていると、とても負担がかかる。

負担がかかった状態が長く続くと、筋肉に疲労が蓄積して、筋肉が硬くなり、痛みがでる。
その状態をリセットするためには、筋肉と関節を調整することが大切。

どちらかが残っていると、すぐに症状がぶり返してしまう。

今回の患者様も、痛みのある左のお尻と太ももの周辺の筋肉が、硬く緊張してしまっていた。
左の股関節のバランスもとても悪くなっている。

股関節を構成する骨盤は前下方に、大腿骨は後方と上方に変位している。
その影響で、腰椎(ようつい)の4番と5番のバランスも悪くなっている。

これらのバランスを整え、筋肉の緊張を緩和させる。

2回目の来院。
「お尻と太ももの痛みはどうですか?」
「少し良くなった感じでしたが、だんだん戻ってしまいました。」

骨盤と大腿骨のバランスはまだ悪い。
関連する筋肉の緊張もまだある。
これらを調整。

5回目の来院。
「痛みはどうですか?」
「最近、楽になってきています。」

骨盤のバランスは改善されてきている。
大腿骨の後方変位がまだある。

9回目の来院。
「調子はいかがですか?」
「時々痛みを感じますが、痛み自体は弱いです。」

股関節のバランスは改善されてきている。
筋肉の緊張が少しあるが、全体的には良い。

状態は良いので、メンテナンスを兼ねて来院されることをおススメして、少し間隔を空けて様子をみていただくことにした。
 

[コメント]

お尻の痛みや太ももの痛みは、股関節とその周辺筋肉によって起こることの多い症状です。
カイロプラクティックでは、それらのバランスを整え、改善させるお手伝いができます。

お尻の痛みや太ももの痛みでお困りならご相談ください。