患者様

八王子市 40代 女性
 

[症状・病歴]

今年の始めに膝の痛みを感じるようになった。

だんだん痛みが強くなってきてしまったので、整形外科を受診。

レントゲンを撮ってみたが、膝の隙間は狭くなっていないので、膝の骨や関節には異常なしと言われた。

痛みが膝の内側にあるから、鵞足炎(がそくえん)と診断された。

それからスポーツマッサージを受けるが、2ヶ月経っても全然良くならず、あれこれ探してカイロを受けてみようと思った。

膝の内側は、起きた後はしばらく痛みがでる。

膝の屈伸をしたり、少し長く座った後や階段を下りるときにも痛む。

運動している最中やした後は必ず痛みがでる。

正座も痛くてできない。
 

[整体・カイロ治療方法・経過]

膝の内側を押すと強い痛みがでる。

膝関節の下の骨(脛骨)の内旋制限がある。

膝のお皿の動きも悪くなってしまっている。

ハムストリングと呼ばれる太ももの裏の筋肉が硬く緊張してしまっている。

アクティベーターを使って、膝関節とハムストリングを調整。

ある程度深くまで膝を曲げることができるようになるが、痛みはまだある。

2回目の来院。

「膝の痛みはどうでした?」

「カイロ治療をしてもらった当日は良かったんですが、翌日にはまた戻ってしまった感じです。」

身体のバランスを診させていただくと、まだ身体の悪い癖が強く残っているので、ハムストリングや脛骨の内旋制限がぶり返している。

前回同様、アクティベーターを使用して身体のバランスを調整。

3回目の来院。

「膝の調子はいかがですか?」

「痛みはまだありますが、膝を深く曲げられるようになりました。」

5回の治療を終えたころから、良い状態をキープできるようになった。

8回の治療後からは、日常生活で膝の痛みを感じることはなくなった。

10回の治療で、運動中や運動後の痛みもなくなった。
 

[コメント]

膝関節は、屈伸時に大腿骨と脛骨との間で、回旋の動きを伴います。

この回旋に動き制限があると、周辺筋肉の緊張が高まり、鵞足炎などの痛みを引き起こします。

カイロプラクティックでは、関節の細かな動きをチェックし、機能障害を起こしている関節を改善させます。

膝関節は、大腿骨と脛骨、腓骨それに膝蓋骨が加わり複雑な動きをします。

これらの動きを検査し、適切なカイロ治療を行うと痛みも少しずつ改善されていきます。

膝の痛みでお悩みならご相談ください。

鵞足炎(がそくえん)でお悩みの方