妊娠中の腰痛の患者様

多摩市 30代 女性
 

[妊娠中の腰痛の症状・病歴]

今現在、妊娠8ヶ月になった。
腰痛を感じ始めたのは、妊娠4ヶ月頃からで、特に右の腰に痛みを感じた。
痛み始めた頃は、それほど強い痛みではなかったので、それほど気にしていなかった。

お腹が大きくなるにつれて、痛みが強くなってきた。
検診の時に診察台に寝る時は、結構つらい。
普通に歩いているだけでも痛みがある。

朝起きた時の痛みも強い。
 

[妊娠中の腰痛に対する整体・カイロの治療方法・経過]

妊婦さんで、腰痛が悪化してくることが多いのが、妊娠8ヶ月位。
出産に向けて、ちょうど身体に変化がでてくる時期。
お腹も大きくなるので、骨盤は全体的に開いてしまう。

腰は、お腹を支えるために反り腰になって、負担が大きくなる。
歪みがあると、腰の負担が増えてしまって、腰痛や骨盤周りに痛みがでやすくなる。
それを整えてあげると、腰痛はだんだん良くなってくることが多い。

今回の患者様もそんな腰痛に悩まれていました。
特に右の腰と骨盤周辺に痛みを感じている。
痛みを特定するために身体を前後に動かしていただく。

前に倒しても後ろに倒しても腰痛を感じる。
全体的に痛いが、右の骨盤の上くらいの所が一番痛く感じる。
うつ伏せになっていただく。

右の腰や骨盤周辺を触診。
骨盤と腰のつなぎ目あたりが硬く緊張している。
緊張している場所を強く圧迫すると痛みがでる。

次に身体のバランスをチェック。
骨盤の一部である仙骨(せんこつ)は横に変位してしまっている。
右の骨盤は、前側がが開いて後側が閉じる方向に変位している。

腰椎の5番は、右側が後方に変位している。
これらのバランスが特に悪い。
その悪い場所を中心に全身を調整。

起き上がっていただき、身体を前後に動かしていただく。
「先ほどと比べて痛みはどうですか?」
「少し楽になりました。」

2回目の来院。
「前回から腰痛はどうですか?」
「痛みは減りましたけど、まだあります。」

早速、身体のバランスを診させていただく。
仙骨はそれほど悪くない。
骨盤の開きはまだ残っている。

腰椎もまだ変位がある。
腰を圧迫した時の痛いは軽減されている。
前回同様、バランスの悪さが目立つところを中心に全身を調整。

その後、少しずつ腰痛は軽減されていき、6回のカイロ治療で改善された。
 

[コメント]

妊婦さんの腰痛で多いのが、骨盤の変位です。
お腹が大きくなるにつれ、骨盤周りの負担が大きくなります。
それに加えて、靭帯が緩んでくるので、筋肉にはとても負担になります。

骨盤のバランスが悪いと、筋肉や関節にかかる負担がより大きくなるので、腰痛になりやすくなります。
カイロプラクティックでは、これらのバランスを調整し、筋肉や関節にかかる負担を軽減させていきます。
負担が軽減されることによって、腰痛も軽減されていきます。

妊婦さんでも無理なく調整できますので、腰痛でお困りならご相談ください。

妊娠中の腰痛でお悩みの方