[腰痛の患者様]

昭島市 60代 男性
 

[腰痛の症状・病歴]

1週間前に、転倒した後から腰痛がでてきた。

前かがみの動作が一番つらい。

立ったり座ったりの動作でも痛みがでる。

朝起きる時も痛みが強い。

和式便器にしゃがむ様な動作でも痛みがある。
 

[腰痛に対する整体・カイロの治療方法・経過]

腰痛は、筋肉の過緊張によって感じていることが多い。
筋肉を硬く緊張させるのは、使いすぎや歪み、寝不足やストレスの時もあります。

今回の様に、転倒した際、踏ん張ることによって、過度なストレスがかかり筋肉が硬く緊張してしまうこともある。
急激に筋肉を伸ばしても痛みがでることもある。

転倒した時の状況から、倒れないように踏ん張った状態での筋肉の緊張が疑われた。

身体を触診させていただく。
お尻の筋肉がとても硬くなっている。

転倒しそうになって、がんばった筋肉だと思われる。
この筋肉が常に緊張していると、骨盤や股関節のバランスが崩れてしまう事が多い。

実際に、左右の骨盤と股関節のバランスが崩れていた。
特に左の股関節のバランスの崩れが目立っている。

このバランスの崩れが、筋肉の緊張をさらに高めてしまう。

身体のバランスを整え、緊張している筋肉の緩和操作を行う。

2回目の来院。
「前回から腰痛は変化ありましたか?」
「当日と翌日は少し楽でしたが、また戻った感じです。」

左右のお尻の筋肉である殿筋は、まだ硬く緊張している。
骨盤と股関節のバランスもまだ悪い。

3回目の来院。
「どうですか?腰痛は。」
「少し調子が良くなるが、また戻ってしまいました。」

5回目の来院。
「調子はいかがですか?」
「最近、少し腰痛を感じる強さが変わってきました。」

股関節のバランスの悪さはあるが、骨盤は改善されてきている。
殿筋の緊張も、以前より緩和されている。

11回目の来院。
股関節のバランスも改善されてきて、殿筋の緊張もだいぶ緩和されている。
ご本人も日常生活では腰痛を感じなくなってきている。

状態も良く、ご本にも調子が良い感じなので、身体のメンテナンスをすることをおススメして終了。
 

[コメント]

転倒する時は、何とか踏ん張ろうと、無意識に身体に力が入ります。
その状態で、身体をひねったりすると、余計に筋肉が硬く緊張してしまいます。

それが継続することによって、痛みや歪みがでてきてしまいます。
その状態を放置しておくと、症状がひどくなりやすくなります。

この程度ならと我慢しないで、早めのケアをおススメします。
腰痛でお悩みならご相談ください。
 

腰痛でお悩みの方