患者様

八王子市 40代 男性
  

[症状・病歴]

昨日の朝、中腰で作業を続けていた後、腰を伸ばしたら突然、腰に痛みを感じるようになった。

それからその日は、起きているのが困難な状態だった。

今日は、起きて歩くことはできるが、腰をまっすぐ伸ばして歩く事が出来ない。

少しでも体勢を変えようとすると痛みがでる。

ぎっくり腰は、初めての経験。
 

[整体・カイロの治療方法・経過]

腰をまっすぐに伸ばせない状態なので、何かにつかまって歩かないと不安定な様子。

とりあえず、施術台に上がっていただいて、身体の状態をチェック。

左腰周辺の筋肉が、とても硬く緊張してしまっている。

その筋肉を少しでも押すと痛みがでる。

おそらく、身体を伸ばすために、この過緊張状態の筋肉を使うと痛みが強くなっていると思われるので、このあたりを重点的にチェック。

左の骨盤と下部腰椎(腰骨)の4番がとてもバランスが悪くなってしまっていた。

骨盤と腰椎を中心に身体全体のバランスを整える。

一度身体を起こしていただいて、立っていただく。

先ほどよりはだいぶ腰を伸ばして歩けるようになった。

翌日、2回目の来院。

歩いている姿は昨日よりも良くなっている。

「腰痛はどうですか?」

「完全に腰を伸ばすとまだ痛みがあります。」

テーブルに横になっていただく。

昨日あった腰のハリは軽減されているが、まだ残っている。

筋肉を押圧すると若干痛みを感じる。

骨盤のバランスの悪さが残っているのでこれを調整。

「起き上がって、歩いて下さい。」

「お!かなり痛みがなくなっています。」

「腰の状態は、これで安定すると思いますので様子を見て下さい。まだ、腰痛が気になるようでしたら早めに調整しに来て下さい」

カイロ治療はこれで終了。
 

[コメント]

ぎっくり腰は、重いものを持った時に突然なるようなイメージがありますが、日常生活のちょっとした動作でも起こることがあります。

ぎっくり腰が起こるときは、腰の筋肉が「もう無理!」と言っている身体のサインです。

何もしないでも安静にしていれば、だんだん動けるようになっていきますが、せっかく身体が教えてくれたサインです。

この機会にお身体のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか?

ぎっくり腰でお悩みの方